1. HOME
  2. スターゼンの仕事
  3. 製造(関東PC) T・K

言葉の違い、文化の違い。
多国籍チームワーク。
製造(関東PC) T・K 2019年入社 ※記事内容・所属・写真はインタビュー当時

T・K

約100人のスタッフが働く関東プロセスセンター。たとえ入社1年目であっても、ベテランのスタッフさんに指示を出さなければいけないこともあり、プレッシャーの大きな仕事です。業務のことを教えてもらいながら、スタッフさんとの信頼関係を第一に。中国やネパールなど外国の方も多く働いているので、異文化の楽しさも。ネパールの方はヒンドゥー教徒の方が多いので牛肉は食べないとか、中国の方はテキパキしている方が多いですが、ネパールの方は比較的のんびり屋さんが多いなぁとか。言葉も文化も違うみなさんと力を合わせて、今日も美しく美味しい商品作りに取り組んでいます。

T・K

現在の仕事内容

関東PCは食肉ラインと加工肉ラインがあり、365日24時間稼働しています。その中で私は加工場に入り、切り落としやステーキなどの盛り付けを中心に担当。実際に自身で作った商品を店舗に見に行くこともあるのですが、お客様が商品を手に取っている姿を見ると達成感や責任感を感じます。また、営業担当者から製造した商品の売れ行きや評判が良いと聞くと、いい仕事ができたと嬉しく思います。

T・K

メッセージ

大学時代に食品について学んでいたので、就活では食品業界を中心にみていました。食肉に関して色々な取り組みを行っていて面白そうだと思ったのが、スターゼンの第一印象。たまたまなのですが、学生時代にしゃぶしゃぶのお店でアルバイトをしていて、当時からスライサーも扱っていたので、入社後プロセスセンターの仕事で役に立ちました。

前の社員 一覧へ戻る 次の社員
PAGE TOP
PAGE
TOP