1. HOME
  2. スターゼンの仕事
  3. スターゼン株式会社 業務管理部 松岡 沙織

スターゼン株式会社 業務管理部
広報IR室 2012年入社
松岡 沙織 ※記事・写真はインタビュー当時

パートナーとともに「会社の顔」を作り上げていく喜び

松岡 沙織

誠意が伝わるコミュニケーションを大切にしたい

広報の業務は、商品広報・企業広報・社内広報に分けられると考えています。その中で、私は主に会社をアピールする企業広報とグループの「一体感」を高めるための社内広報を担当しています。日々の業務は、新聞記事のチェックから始まります。食肉業界に関する記事や当社の名前が出ている記事を、業界紙も含め隅々まで目を通し、重要度が高いものについてはピックアップして保管すると共に、上の方と共有します。業界の動向や、社会のなかでスターゼンがどう捉えられているかといったことは、リアルタイムで常に把握しておかなくてはいけません。
新聞記事を確認した後は、ホームページの問合せフォームに寄せられたお客様からの問い合わせ内容を確認します。お問い合わせには正確かつ迅速にお応えすることが重要ですので、それぞれの担当部門に対応を依頼していきます。
その後の流れは日によって様々ですが、社内報の制作、業界紙向け広告の作成やプレスリリースの対応などを行います。どのような業務も他部署や外部の方との協力が欠かせないので、コミュニケーションはとても大切です。言うべきことはきちんと伝えながら、感謝や気遣いの言葉は欠かさない、誠意の伝わるコミュニケーションを心がけています。

松岡 沙織

「会社の顔」を作っていく広報。あやふやでは済まされない

業務は多岐に渡るのですが、時間配分を意識せずに取り組んでしまい、仕事が回らずに大変な思いをしたことがあります。その反省を生かし、仕事にメリハリを付ける意味でも、スピード重視の仕事と丁寧に作り込む仕事を分けるよう意識しています。費用対効果を考え、しっかり自分で時間を管理しなければいけません。
そして何より重要なことは、広報が「会社の顔になる部分を作り上げ精査していく、最後の関門」であるという意識です。外部の方とのやり取りをする際に、曖昧な返事はできません。わからないことは「自分では回答しかねるため、お時間をいただきたい」と素直に伝え、自己判断で無責任な発言をしないことが肝要です。自分の曖昧な一言が、後で大きなトラブルに発展してしまうかもしれない。こうした意識は広報だけではなく、以前所属していた総務・経理、財務部門でも学んだことで、とても大切にしています。

松岡 沙織

人から学び、形になっていく仕事

今の仕事で面白さややりがいを感じるのは「形になる」ということ。社内報が発刊された時などは、自分が関係した仕事が形になる瞬間ですのでとても嬉しいです。
以前、このようなことがありました。社内報は退職されたOB・OGの方にもお送りしているのですが、「毎回楽しく読ませてもらっています」という葉書をいただきました。社内報は多くの方の力をお借りして出来上がるものなので、自分一人の成果だとは思っていませんが、自分が携わった仕事が誰かに届くことの嬉しさを実感しました。
また、現在の部署では周囲の人から学ぶことが多くあります。今の部署に異動したての頃は、年次が上の男性社員が多く職場環境への不安があったのですが、全くの杞憂でした。実際はとても器の大きな人が多く、周りの方の背中を見ているだけで勉強になります。担当業務が違っていても、直属の上司がいない時には他の方が助けてくださるので、安心して仕事に取り組めます。

松岡 沙織

「チームスターゼン」という風土

入社してから管理部門に所属しており、サポートに回る仕事を多く経験してきました。その中で、「チームスターゼン」を感じる場面が多々ありました。例えば、依頼を受けて資料を作るとき。言われた通りの最低限のことだけやれば、それでも構わないのかもしれません。が、スターゼンにはそう思わせないところがあります。自分は資料を作る際、見る方の使い勝手を意識します。そのようにして作成した資料を先輩社員に渡したとき「ありがとう、仕事がとても綺麗で助かったよ」と丁寧なお声掛けをいただきました。こうした小さなことでも、きちんと感謝し合えるところがスターゼンらしさだと思っています。
社長の仰る「チームスターゼン」という意識が、身近な社員同士の関係にもしっかりと根付いているのだと感じています。

松岡 沙織

関わる方は皆様、大切なパートナー

年に一度、スターゼングループの総合展示会があります。
自分は広報として撮影に入るのですが、前回の展示会では、電話でしかやり取りをしたことのない事務所の方から「松岡さん」と声をかけていただき話が弾みました。スターゼンは、部署やグループ会社間の敷居が低いと感じています。所属する会社が違っていても、一緒に仕事をするパートナーだという気持ちが浸透しているからです。広報という仕事は、社内外の方々の協力なしには成り立ちません。だからこそ、外部の方も社内の人も、関わる方は皆様、大切なパートナーだと思っています。常に感謝の気持ちを忘れず、そして、一緒に仕事をしていただく方々にとって気持ち良く働ける人間でありたいと思っています。

前の社員 一覧へ戻る 次の社員
PAGE TOP
PAGE
TOP