1. HOME
  2. スターゼンの仕事
  3. スターゼン販売株式会社 広域営業統括部 飯島 健太

スターゼン販売株式会社 広域営業統括部
東日本量販部 2011年入社
飯島 健太 ※記事・写真はインタビュー当時

自分を試し磨ける土壌で「会社の看板」を背負っていく

飯島 健太

一人では成り立たない仕事。社内外との情報共有がカギ

私が所属している東日本量販部では、大手スーパーマーケットチェーンなどの量販店がお客様です。大型の仕入・販売規模を持つ小売店を、私たちは「量販店」と呼んでいます。そうしたお客様へ、国産・輸入を問わず、牛肉・豚肉・鶏肉など、お客様が求めるあらゆる食肉を販売しています。私の1日はメールチェックから始まります。まずバイヤーの方からのメールにある注文内容やご依頼内容等を確認し、商品の発注と産地へ連絡、出荷数の確認、在庫の調整等を行います。商品は、外部の大型冷蔵庫で保管しています。在庫は常に適正量を保たなくてはいけないので、将来の発注数量を予測し、それぞれの在庫数量を調整しながら、同時にお客様へ入荷予定日時の連絡を入れていきます。社内外のメールチェックと受発注、関係部署との打ち合わせ等で、あっという間に時間は過ぎていきます。これらの日次業務がひと段落したら、午後の商談に向けた準備に入ります。商談用の資料作成には、肉の相場や価格の推移、今後の展望、相場予測など様々な情報が必要となるため、関係部署との密な連絡が欠かせません。営業の仕事は、どの仕事ひとつ取っても一人ではできません。社内外でこまめに連絡を取り、情報を共有しながら進めていきます。

飯島 健太

営業センターとは違う環境、だからこそ生かせるものもある

入社当初は昭島の営業センターにいました。営業所時代はお客様のご注文を受け、商品の荷造りや仕入れから、トラックによる配送までの営業業務の全てを一人で行っていました。現在の部署に荷造りや配送の業務はありませんが、取扱重量が圧倒的に異なるため、一層の拡売を目指し日々の営業に専念しています。営業所時代の約2倍もの重量を取扱う当部署では、発注ミスは命取りです。営業所に在籍していた新入社員時代、発注ミスをしてしまい、先輩に迷惑をかけながらもなんとかお客様の元へ商品を届けたという苦い記憶があります。その反省から、お客様にご迷惑をかけない心得として、周囲と常に連携を取りながら、1日に何度も業務の確認や商品の検品を重ねています。現在の所属である東日本量販部へ配属された当初は環境の違いに戸惑いもありましたが、先輩も営業所での勤務経験がある人達ばかりで「今の仕事をやる上でも、営業所でやってきた経験を絶対に忘れるな」と言ってもらえたことが、とても励みになりました。

飯島 健太

自分に付加価値をつけて、お客様に真摯に向き合う

午後は商談に向かいます。商談後はそのまま量販店のバイヤーの方と一緒に売り場を見に行き、売れ行きの状況などを伺いながら、スターゼンとしてどのような提案すればお客様のニーズに応えられるかを模索します。営業の仕事は、単にモノを売るだけではありません。日々、模索です。バイヤーの方と密に連絡を取ることは大切ですが、それだけでなく自分自身を売り込むことも大切です。もし、同じ商品が並んでいたとして、誰から買うのか?それは、売る側の振る舞いや人間性といった付加価値が決め手となり、選ばれるのだと思います。だからこそ、お客様に対しては真摯に接することが重要です。お客様に認めていただけたかもしれないと思う時も、そこで甘えず、「営業は会社の看板」という意識を忘れないようにしています。

飯島 健太

全店に商品が並ぶ達成感。大切なのは諦めないこと

今の仕事をしていて一番やりがいを感じるのは、お客様の要望される商品がこちらからの提案と一致して採用に至り、それらの商品がお客様の売り場に並んだ時です。なかなかうまくはいきませんが、まずはより商品を知っていただくよう繰り返し提案をすることが重要です。いい提案をするには、知識も必要です。日々、供給部署に商品の問い合わせを行い、自分でも売場のトレンドや商品の傾向を調査するなど情報を蓄えます。そして何より大切にしているのが、「最後まで諦めない」こと。学生時代はずっと野球をやっていたので、その粘り強さを生かして諦めずに提案をし続けています。

飯島 健太

「ここで自分を磨きたい、試したい」と思える土壌

就職活動の際大切にしていたことは、様々な人と会って話し、多くの情報を集めて自分なりの答えを出すということでした。その過程でスターゼンという会社を選んだのは、「この会社なら頑張れる」と思えたからです。社員の方が、スターゼンでは若いうちから大きな仕事を任せてもらえると話していたことが印象的でした。実際に私も既に責任ある仕事を任せていただき大変なこともありますが、頑張った分、自分に自信となって跳ね返ってくることを何より嬉しく感じています。また、何かあっても先輩方が必ずフォローしてくれるので、のびのびと仕事ができる。「ここで自分を磨きたい、試したい」スターゼンには、そんな思いを実現できる環境と土壌があります。

前の社員 一覧へ戻る 次の社員
PAGE TOP
PAGE
TOP