1. HOME
  2. スターゼンの仕事
  3. スターゼンミートプロセッサー(株)加世田工場 安岡 達哉

スターゼンミートプロセッサー(株)加世田工場
品質管理課 2015年入社
安岡 達哉 ※記事・写真はインタビュー当時

商品の「安心」を支える大切な仕事

安岡 達哉

入社2年目で大きな仕事を任せてくれる

食品の栄養学を専攻していたため、食品業界に携わり、お客様の生活に寄り添った仕事がしたいと考えていました。スターゼングループが掲げている「食を通して人を幸せにするグローバルな生活関連企業を目指す」という経営ビジョンに共感したため説明会へと足を運びました。その時、全事業所でのSQF認証取得や品質管理体制の確立に力を入れていることを知り、品質管理という仕事に興味を抱きました。また、若いうちから重要な仕事を任せていただけるという話を聞いていました。実際に入社2年目にして国産牛の新たな繁殖技術確立の為の新規事業の立ち上げに携わることになったときは驚きました。大変なこともありますが、信頼出来る上司や先輩方から助言を頂けるため、安心して仕事を進めることが出来ます。私がいる部署は自分の意見を自由に言うことが出来る風通しが良い職場です。またスターゼンは非常に教育熱心な会社のため研修などで勉強する機会があり、1年目から様々な研修で自分の能力を伸ばすことが出来ました。現在は工場の品質管理として工場全体の衛生管理、従業員の衛生管理及び教育訓練、製品の細菌検査などを担当しています。品質管理という仕事は、商品の安全性や品質に問題が生じた場合や食品事故が起こりそうな工程を発見した際、迅速に現場の状況を調査分析し、細菌検査などの科学的根拠を基に改善案を従業員に提示しなくてはなりません。その際には、食品に関わっている法律についても調べる必要があります。食品衛生法を基本とした様々な法律の内容を調べ、理解し、従業員に分かりやすく説明することも大切なことです。大学の4年間は研究に打ち込んでいたのですが、そこで培った問題解決能力は、いま品質管理という仕事を行う上で役立っていると感じます。

安岡 達哉

コミュニケーションを取り、信頼関係を築く

出社したらまずは加工現場に入り、始業前の現場点検並びに加工現場の拭き取りを行っています。工場が安定的に良い品質の商品を出荷出来るように設備の破損の有無や清掃状態の確認を行い、問題点があれば、設備担当者や清掃業者に改善指示を出しています。午後は、製品や朝の点検で拭き取りを行った検体の細菌検査を行います。数日後に出る検査結果を分析し、状況によっては従業員に改善案などを提案しています。現場では作業効率を優先しなくてはならないため、改善案がうまく落とし込めない場合もあります。その際には、独りよがりな改善案を提案しないよう加工現場の従業員の意見に丁寧に耳を傾けることを心掛けています。品質管理という仕事は、衛生管理のため従業員へ厳しい意見を言わなくてはならない時もあります。納得して話を聞いて頂くためには日々のコミュニケーションにより信頼関係を築くことが重要であり、工程に関わる全ての従業員が納得し、実現出来る改善案を示すことが工場の品質管理を行う上で大切なことだと思います。年に何度か得意先の方が工場監査に訪れるのですが、その時に「この工場は良くなったね」、「前と変わったね」などと言って頂けるとやってよかったなと思いますね。工場の衛生管理はすぐに効果が出るものではありません。成果になって表れるのは1年後などになります。昨日より今日の工場の衛生管理状況が良くなることを考え、日々の業務に真剣に取り組んでいきたいと考えています。

安岡 達哉

事業所や工場、お客様に「安心感」を与えられる人に

現在、食肉業界は様々な変化を迎えており少子高齢化によって食肉の国内需要が頭打ち傾向にあるため、海外輸出を見据えた動きが必要です。輸出では安全性や品質の高い商品を製造並びに加工が求められます。そのためには品質管理という現在の業務スキルをさらに高め、海外展開にも対応出来る人材へ成長したいと考えています。また高齢化が進行する国内の需要を伸ばす為に健康機能の高い商品作りが求められてくると思います。学生時代に食品の栄養学を専攻していた為、そのような商品の研究や開発などにも携わっていきたいと考えています。そのために、食品の加工及び製造に関わる様々な法律への理解を深めること。そして作業工程を確認し、食品の安全を脅かす危害を発見し、未然に防ぐための問題発見能力。この2点について業務を通じて日々勉強させて頂いています。まだ知識も経験も浅く、頼りない私ですが、いずれは、スターゼンには安岡がいるから安心して取引を行えるとお客様に言って頂けるような仕事をしていきたいです。就職活動は長くとても大変ですが、焦らず本当に自分がやりたい事が実現出来る会社を探してみてください。私自身様々な会社を知る為に全国を飛び回り、スターゼンへの入社を決めました。就職活動を通して学んだことは、結果が振るわず辛い時こそ暗い気持ちにならず、冷静に自分の状況を受け入れ、状況を打破する手段を考えなければならないということです。どんな人にも1つは自信をもってアピール出来ることがあると思います。冷静に自己分析を行い、落ち着いて自分の良い部分を面接の時にアピールしてください。そうすればきっと満足のいく結果に結びつくと思います。

前の社員 一覧へ戻る 次の社員
PAGE TOP
PAGE
TOP